コンプレックスをなくす

審美歯科とは、美しい歯にすることや健康的な歯にすることに焦点を当てた歯科医療です。
審美歯科にはホワイトニング治療、オールセラミック治療、セラミックインレー治療、インプラント治療などさまざまな種類がありますが、このうち代表的なものがホワイトニング治療とインプラント治療です。

ホワイトニング治療は歯を白くする歯科医療。インプラント治療は根元から失われた歯の部分にインプラントといわれる人工の歯骨を埋め込み、その上からセラミック製の義歯をかぶせる歯科医療です。
ホワイトニングやインプラントなどの審美歯科を行ことによって、ただ歯の見た目をよくするだけでなく、噛み合わせがよくない、歯にコンプレックスがあってうまく笑えないなどの問題を解消できます。

虫歯治療などの一般歯科では、保険の適応範囲での治療になりますので、使われる材料や治療法も限られます。
そのため、歯の機能的な側面は回復できても、金属がみえるような仕上がりになったり、時間経過によって変色したりと見た目の美しさ、仕上がりの良さにまでは充分に対応できません。
一方、審美歯科では保険で適応される素材や治療法以外に、自費治療を行うこともできるので、より高水準の治療を受けられ、美しい歯を取り戻すことができます。

イチ押しリンク

カテゴリー
  • カテゴリーなし
2014年4月
     
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
Search
Archives